ダイオプテーズ

買い物カゴ

電話番号


【年末年始休業のお知らせ】休業に伴い商品のお届けを12月27日(水)午前9時以降のご注文に関して、1月8日(月)以降順とさせていただきます。


ダイオプテーズ

ダイオプテーズは深く鮮やかなグリーンが印象的な石です。

1785年に最初にカザフスタンで発見され、その時はエメラルドと間違われました。

その後フランスの鉱物学者アウイ(R.J.Hauy)によって、石を透かして見ると、その内部に劈開(へきかい)が明瞭に見えることから、エメラルドと異なることがわかりました。

彼は、ギリシア語の(dia 通す)と(opazein 見える)を組み合せてダイオプテーズ(dioptase 光を通して劈開がよく見える)と名付けました。

ダイオプテーズには完全な劈開性があるため、割れやすく、不透明で、大きい結晶が非常に少ない為、加工品として流通することは稀です。

むしろ原石のまま鑑賞する方が人気が高く、大きいものになるほど価値が高いとされています。

大きい結晶が非常に少ない為、加工品として流通することは稀ですが、素晴らしいヒーリングの力を持つ石です。


ダイオプテーズの効果

【体内の毒素を排出する】【心身のバランス】【エネルギー的な滞りを取り除き綺麗な循環に】【感情の乱れを鎮め、安定に導く】


ダイオプテーズの浄化

セージ 月光 水晶 太陽光 

クラスターやセージでの浄化はもちろん、太陽光や流水による浄化もお勧めです。 硬度は5ですが、完全な劈開性があるため、割れやすく、取り扱いには注意が必要です。


ダイオプテーズの鉱物学

石名 ダイオプテーズ / Dioptase
和名 翠銅鉱(すいどうこう)
成分 Cu6[Si6O18]・6H2O
結晶系 六方晶系(三方晶系)
硬度 5
比重 3.28〜3.35
屈折率

ダイオプテーズのカテゴリー

ダイオプテーズ原石

深く鮮やかな独特のグリーンが特徴のダイオプテーズの原石です。

その輝きは美しいの一言!見る者を魅了します。



ピックアップ