オパール

買い物カゴ

電話番号


アートクリスタルでは日替わりセールを開催中。毎日日替わりで厳選アイテムを30%OFFにてご紹介しています。その日限りの限定特価!お見逃しないようご覧ください♪


オパール

水中で微小な珪酸球が沈殿し、岩石の隙間などに蜜に蓄積し、形成されるクリスタルで、水晶などと同じく珪素をメインにする鉱物ですが、その成り立ちから、水分が多く、硬度も非常にやわらかい石です。

オパールの語源はサンスクリット語の(upala 宝石)や、ギリシャ語の(opthlmus 目)など数説あります。和名の蛋白石は、きらめかないオパールがゆで卵の白身の質感に似ていたことから名づけられました。

上記写真のように、白色、黄色、緑色、青色、紫色など様々な色のものが存在します。

珪酸球の並びが規則的なものは、見る角度によって変化しながら虹色に輝く遊色効果を持ちます。そういったタイプのオパールをプレシャスオパール(precious opal)と呼び、さらにその色味によって、ブラックオパールや、ファイヤーオパールなどと呼ばれ、珍重されます。

遊色効果をもたないものはコモンオパール(common opal)と呼んで区別します。

コモンオパールには、ミルキーピンク色をしたピンクオパールや、このタイプ内では比較的透明をしているイエローオパールなどがあります。プレシャスオパールと比べると安価で、手にしやすいです。

水分を多く含む石ですので、水分が蒸発するとヒビ割れを起こすこともあります。高温になったり乾燥する場所での保管は避けましょう。


オパールの効果

【憂鬱を追い払う】【身体を元気づける】【創造性・芸術性を高める】【内面の才能を引き出す】【物事を変化させる】【人生に喜びをもたらす】【幸運を呼び込む】【視野・価値観を広げる】【自由を象徴する】


オパールの浄化

セージ 月光 水晶 

紫外線や乾燥に弱く、退色やヒビ割れの恐れのある太陽光での浄化は避けましょう。
非常に繊細な石ですので、取り扱いには注意が必要です。


オパールの鉱物学

石名 オパール / Opal
和名 蛋白石(たんぱくせき)
成分 SiO2・nH2O
結晶系 非晶質
硬度 5.5〜6.5
比重 1.99〜2.25
屈折率 1.25〜2.23

オパールのカテゴリー

オパールペンダント

美しいオパールのペンダントです。自由なエネルギーを象徴する独特な光を放つオパールのペンダントは、クリエイティブなことをしている方にはオススメです♪

ピンクオパール原石

とても鮮やかなピンク色で、可愛らしい色味ですが、ゴツゴツとしたワイルドな風貌で自然の力強さを感じさせます。

オパールリング

可愛らしいカラーが特徴のオパールリングです。

オパールブレスレット

可愛らしい色合いのオパールのブレスレットです。イエローやピンク色のコモンオパールと呼ばれる種類のオパールを集めました!

パープルオパールハートストーン

ブルーの強いパープルが特徴的なパープルオパールのハートストーンです。様々な色彩を持つオパールの奥深さを感じさせる希少なアイテムです。


オパールの新着商品


ピックアップ