チャロアイト

買い物カゴ

電話番号

当店についてお問い合わせ


商品のお届けに関しまして、熊本県の一部地域で遅れが生じております。

1万円以上のご購入で送料無料!

チャロアイト

「チャロアイト」は、「スギライト」や「ラリマー」と同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石です。 油彩画のような質感を持つ芸術的な印象を持つ石で、この不思議な模様は、黒色:エジリン(Aegirine 錐輝石)、帯状の灰色:マイククロクリン(Microcline 微斜長石)、白色:カリ長石(Potassium Feldspar)、黄緑色:カナサイト(Canasite)、淡黄色:ティクナクサイト(Tinaksite)などの鉱物が、マーブル状に混ざりあうことから成り立っています。薄紫色の彩色は不純物のマンガンに起因します。

チャロアイトという名前の由来には、シベリアのチャロ川流域で発見された事とする説と、ロシア語の(Charo 魅惑)から名づけられたという説がありますが、後者の方が有力であるとされています。その名の通り、この石の個性的な模様は、見る人を魅了してやみません。まさに、「魅惑の宝石」にぴったりな石です。

チャロアイトは元々は1949年ごろに発見され、彫刻用などの石材として採掘されていましたが、当時は角閃石の一種だと考えられていました。鉱物学者ベーラ・ロゴワ女史(Dr.V.P.Rogova)によって、正式にチャロアイトとして申請されました。

現在、ロシア連邦サハ共和国にあるムルン(Murun)山塊でのみでしか産出されていません。そこも掘り尽くされたと言われており、これから良質なものの入手が困難になること必須な鉱物です。


チャロアイトの効果

【恐怖や不安の克服】【心身の働きの正常化】【心身のエネルギー的浄化】【洞察力と直観力】【恐怖、不安、強迫観念などを払う】【人徳を高める】【危機回避のお守り】【心の癒し】


チャロアイトの浄化

セージ 月光 水晶 流水 

長時間の太陽光での浄化、塩を使った浄化は避けましょう。


チャロアイトの鉱物学

石名 チャロアイト / Charoite
和名 チャロ石(ちゃろせき)
成分 (K,Na)5(Ca,Ba,Sr)8[(OH,F) | Si6O16 | (Si6O15)2]・nH2O
結晶系 単斜晶系(繊維状)
硬度 5〜5.5
比重 2.54〜2.68
屈折率 1.55〜1.56

チャロアイトのカテゴリー

チャロアイトブレスレット

独特のパープルのマーブル模様がとても美しいチャロアイトブレスレットです。普段使いにぴったりのオススメのヒーリングアイテムです。

チャロアイトペンダント

深いパープルから柔らかい明るいパープルにかけてのシルキーな質感が、チャロアイトならではの美しさを見せてくれます。



ピックアップ