ブルートパーズ

水晶クラスター・天然石ビーズのアートクリスタル天然石100種類以上の品揃え!高品質一点ものを中心に販売しています。

熊本県を震源とした地震の影響による商品お届けに関してはこの掲示板をクリックしてください。

1万円以上のご購入で送料無料!

ブルートパーズ / Topaz

ブルートパーズ

トパーズはフッ素を含むアルミニウム珪酸塩で、産地ごとに多少異なった性質を持っています。多くのカラーを持ち、古くから宝飾品として使用されてきました。

本来は無色透明な石ですが、和名を黄玉(おうぎょく)と言います。日本でこの名前がつけられたときは、青いトパーズは広くは知られていませんでした。しかし、明治の初めのころには、滋賀県で大きいトパーズの結晶が産出し、その中には美しいブルーのトパーズも含まれていました。そのほとんどは、世界に流出し、この時代日本は有名なトパーズの産出国として知られていました。現在市場に流通するほとんどのブルートパーズは、放射線を照射して着色したものです。

トパーズの名前はギリシア語の(Topazos 捜し求める)に由来するという説、紅海に浮かぶ島「トパシオン」に由来するという説、サンスクリット語で「火」を意味する「トパズ」に由来する等、多くの説があります。古代ギリシアやローマの時代において、実はペリドットがトパーズの名で呼ばれていたという記述があり、紅海に浮かぶセントジョーンズ(St.John's)島がその主産地だったそうです。

比較的硬い鉱物ですが、結晶の上下軸に直角の方向に割れやすい性質(劈開性)を持っているため、弱い方向に軽く打っただけでもひびや内部亀裂(クラック)を起こすことがあり、場合によっては割れてしまうこともあります。

トパーズは光や熱の影響による色の変化の激しい石です。はっきりとした理由は分かっていないのですが、その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。

トパーズは宝石学では2つのタイプに分類されます。トパーズの最高峰とされるものは、OHタイプに分類され、「インペリアルトパーズ」という宝石名で呼ばれており、いくぶんオレンジ味をおびています。黄玉の名前のモデルになったFタイプは、放射線処理によって様々な彩りを与えられるのが特徴で、ブルーの色をのぞいて、光に晒され続けると退色する性質を持っているため、耐光性を持つOHタイプのトパーズには、インペリアル(最高のもの)という名前が付けられています。


ブルートパーズの効果

【自分に必要なものやチャンスを引き寄せる】【直観力と洞察力】【転職のお守り】【憂鬱を払い、明るい希望をもたらす】【曖昧な物事をはっきりさせる】【恋愛成就】


ブルートパーズの浄化

流水 水晶 月光 セージ 

太陽光によって退色するおそれがあるので、長時間の太陽光での浄化は避けましょう。


ブルートパーズの鉱物学

石名 ブルートパーズ / Topaz
和名 黄玉(おうぎょく)
成分 Al2 [(F,OH)2 | SiO4] 宝石学では下のようにタイプ分けされる。 Fタイプ(無色・黄色・褐色・淡青〜青色・淡緑色):Al2F2SiO4 OHタイプ(黄色・オ
結晶系 斜方晶系
硬度 8
比重 Fタイプ:3.56〜3.57 OHタイプ:3.50〜3.54
屈折率 Fタイプ:1.61〜1.62 OHタイプ:1.63〜1.64

その他ブルートパーズに関して

ブルートパーズ原石

ブルートパーズ特集からご紹介するイチオシブルートパーズアイテムは「最高級ブルートパーズ原石」。

特選品です!石に何十年と携わってきた業者さんが「これほどのブルートパーズは長く石をやってきたけれど初めてみた!」と興奮気味に語っていたほどの超高品質のブルートパーズです!

透明な深みの海が、青い空を映し出したような純粋な美しさはブルートパーズの女王・・・そんな風格を思う美しさと壮厳さを漂わせています。


ブルートパーズのカテゴリー

トパーズ原石

特選品です!凄いです!!産地ブラジルでも、これほど立派なものは、年に数個しか採れないという希少な物です。


ブルートパーズブレスレット

良質のブルートパーズを使用した素通しブレスです。透明感抜群の水色は美しく、ほぼノークラックの品質の良さは感動的でさえあります。


トパーズペンダント

自然が創りあげたとは到底思えないグラーデーションは、ため息をつく美しさ。まさに高貴という言葉が相応しい究極のペンダントです。