水晶クラスター、天然石ビーズのアートクリスタル

買い物カゴ

電話番号


あけましておめでとうございます!本年もアートクリスタルをどうぞよろしくお願い申し上げます!


天然石ブレスレットを作ってみよう!

ブレスレットの作り方
天然石ビーズを使ってブレスレットを作ってみませんか?
シリゴンゴムに「通すだけ」で作ることができるブレスレットの基本となる作り方をご紹介します。


ブレスレット基本の作り方

[1] インカローズ丸ビーズ 12mm(4個)、8mm(8個)
[2] ローズクォーツ丸ビーズ 10mm(8個)
[3] 接着剤(金属・ガラス用の、乾くと透明になるもの)
[4] シリコンゴム(ビーズの穴に通るものを使うこと)

① 30cmの長さにカットしたアクセサリー用ゴムに石の合計が約18cmになるように天然石を通します。
石によっては穴が小さくてゴムが通りにくいものがあるので、できるだけ穴の大きな石を選びましょう。

② 石を通したら、アクセサリー用ゴムを固結びします。身につけているうちにゴムが緩むので、石同士の間に隙間ができないように、きつく結ぶのがポイントです。
アクセサリー用ゴムは最低でも3回、しっかり結ぶこと(天然石の穴が大きければ4~5回結びます)。

③ ②で作ったアクセサリー用ゴムの結び目にガラス・金属用の接着剤を付けます

④ 接着剤が乾いたら、余っているアクセサリー用ゴムをハサミでカットします。
ゴムを軽く引っ張って、ビーズの際でカットするようにしましょう。

【スペーサー】
石と石の間に挟んで使います。

【メタルキャップ】
石の丸みに沿って、包むようにかぶせるメタルパーツ。
石に合わせてサイズを選びます。

【メタルビーズ】
メタル製のビーズ。
色やデザイン豊富なので、ブレスレットの雰囲気に合わせて揃えると素敵です。

【チャーム】
植物や、星、ハートなど種類豊富に揃うメタル製のチャーム。
イニシャルなどもあり、アレンジ次第で個性が出せます。


ビーズの大きさでメリハリをつける

同じ種類の石でも、大小サイズの異なるものを組み合わせることで変化がつき、インパイクトのあるデザインになります。

例えば・・・
オニキスビーズとアメジストビーズのブレスレット。
10mmと4mmのオニキスビーズをつないで大きさの差をつけました。

ピンクオパールビーズとラリマービーズのブレスレット。
大小のピンクオパールビーズをつなげて、リズミカルなデザインにしました。


色のグラデーションをつける

石の意味よりもまず、色図解を優先させて、素敵なブレスレットにするのがお気に入りを作る秘訣です。

例えば・・・
アイオライトビーズ、アメジストビーズのパープルから青紫のグラデーションにこだわったブレスレット。

ピンクオパールビーズとラリマービーズのブレスレット。
大小のピンクオパールビーズをつなげて、リズミカルなデザインにしました。


天然石ビーズをもっと楽しむために

天然石ビーズをもっと楽しんでいただくためのページをご用意いたしました。
オリジナルの天然石ビーズアクセサリー作りに一緒に使っていただきたい、ビーズパーツもご購入も頂けます。


シリゴンゴムに「通すだけ」で作ることができる天然石ブレスレットの基本となる作り方をご紹介します。


「この色の天然石の名前が分からない」という方のために、天然石ビーズを色別にご紹介しております。



”天然石にはそれぞれの意味がある・・・”願い別に天然石ビーズをご紹介しております。


天然石ビーズのオリジナルアクセサリー作りには欠かせないビーズパーツの販売ページ。